2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回も重い-機動戦士ガンダムOO 2nd 第5話「故国燃ゆ」



■やっぱり、話が重いですねえ。

 ダブルオーガンダム初登場のときは、
 さすがにスカッとしましたが、
 ここ何話かは、もやもやしたものがとれないです。

  謎が多すぎて、もう把握しきれなくなってきたってのも
  あるかも知れません^^;


機動戦士ガンダムOO公式サイト
■イノベイターって人間じゃないだ。

 とうとう、あのいやな奴が帰ってきた!リボンズたちに拾われていたとは。
 1stシーズンであっさり死んでたら盛り上がらないですからね。
 ロックオン(兄)には悪いですが。
  こういうところ、やるせないかな。
  
 
■1stで活躍した連邦側の面々
 マネキン大佐、ピーリス中尉。
 アローズにいながら、アローズのやり方に違和感を覚えています。
 まあ、この二人だけではありますが、
 
  あと、連合軍ではセルゲイもその一人。

 ピーリス中尉に至っては、今回のカタロンへの非情な作戦
  -オートマトンによる無差別掃討作戦-
 にアローズへの不信は拡大していきます。
  
  -超兵が人並みの幸せを求めたことへの罰-
  ピーリスはそんな風にとらえてしまってますが、
  もちろんセルゲイが聞けば、
   「そんなわけがない」と否定するのでしょうが、
   そこに大佐はいません。
   セルゲイの養子になると決めても、
   まだ超兵であるという現実を乗り越えられていない弱さが見てとれます。

 今後マネキンや、ピーリスは不信感を抱くアローズに対し
 どのように身を振っていくのか、
 気になるところのひとつですね。
   

■沙慈君も何やってるんだか。
 カタロン壊滅のきっかけになってしまったわけですが、
 
 自分も恨んでいたガンダムと同じ、
 カタロンのいい人たち、子どもたちを不幸にしてしまいました。

 半分は事故のようなものと言いたいところですが、
  慰めにもなりませんね。
 自分の無知と頑なさからきた失態。
 沙慈君にとって大きな山が訪れた模様。
  さて、これを乗り越え一歩成長を見せてくれるんでしょうか?


■そして、カタロン拠点しかり、アザディスタンしかり。
 サブタイの「故国燃ゆ」はこのことでした。

  イノベイター、リボンズは何をしようとしているのか、
  サーシェスにアザディスタンを襲わせて、
  どうなるのか?

 そこら辺、まだまだ読めませんねぇ;
 
 どうも、今回は壊滅、壊滅と重い。
 こういう話の持って行き方をされると、
 最後、ソレスタルビーイングが、刹那が、
 ハッピーエンドで終わるなんて思えない。
 1st同様結局みんなどうなったのかわからないまま終わっていくような気がして、
 どうも、そこら辺がもやもやしたのがとれない原因の一つに
 なっているような^^;

  まあ、まだ5話目ですから、まだまだわかりません。
  これからも展開を見守っていきたいと思います。

■ありがとうございました^^

  
儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)
(2008/11/19)
UVERworld

商品詳細を見る




にほんブログ村ランキング参加中!!(アニメ)
にほんブログ村 アニメブログへ

BlogPeopleブログランキング参加中!(マンガ・アニメ)



 
 
人気ブログランキング blogram投票ボタン

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 機動戦士ガンダムOO

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

        
応援アニメ!
[あそびにいくヨ!」応援中!!
TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

リリカルなのは ViVid を応援!

「FULLMETAL ALCHEMIST」


ギレン総統に聞け


ブログ妖精 ココロ
ココロの妹 ココス
ブログランキング参加中!
よかった!と思ったら
1日1クリックの応援よろしくです!^^

FC2ブログランキング
FC2Blog Ranking
にほんブログ村ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ



BlogPeopleランキング


ブログランキング【くつろぐ】

アニメワン
私のジャンルの好みが一目瞭然!^^;
スポンサードリンク






Amazon.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。